私の駄文(仮)

自分が関心のある内容について書く不定期更新の雑記ブログです。

初期化のありがたみ。

新年あけましておめでとうございます。もう二月ですが。

 

Zenfone3を初期化しました。理由は最近少し燃費が悪くなってきたかなと思ったからです。

買って丁度一年経って、色々ごみも溜まっているはずなので思い切って一層しました。動きも前よりは若干軽快になったと思います。それ以上に内部容量の空きが増えたのに驚いた。多少はアプリ減らしたり、消したりしましたが…。これにはびっくり。

まあデータのバックアップとかには多少手間は掛かりますが、確実に回復するので、ちょくちょく初期化する事は健康にも繋がるのでお勧めします。

上級機が欲しい。

 大分寒くなってきましたね。もうK-S2を購入して四ヶ月経ちました。時の流れは本当に早いです。

shanstate.hatenablog.com

  前回の記事でK-S2を二、三年使いたいと言っていましたが、それが揺らぎ始めています。中古相場で約¥45,000程度で出回っているK-3を見ると、K-S2を売って、そっちに移った方が良いかなと思ってしまいました。K-3は2013年販売された機種で当時のPENTAXの一眼レフでは最高性能を誇っていました。改良型のK-3Ⅱと同様、シャッター速度1/8000、秒間8.3コマと動き物には滅法強い機種です。最新型のK-1/KP/K-70もこの部分は敵いません。その他の部分も可動液晶やWi-Fi/NFC周り以外はK-S2よりも全体的に細かい調整が利く様になっています。

 K-S2自体は評判通り良いカメラだと思います。ただ100gの重くなる事で格段の性能向上が望めるなら、そっちの方が良いかなと思ってしまいます。初の一眼レフでD5300を選ばず、最初から当時APS-C最上級機だったD7100にした友人の存在も大きいです。その友人は売る位だったらレンズも売って、D7200やEOS 7D MarkⅡとかにしたらと言ってきましたが笑(レンズの多さは見る度に羨ましくなりますね…。)

 K-3を買ったとしても、気になるのは来年出るかもしれないと噂されているK-3Ⅱの正当後継機。それを買うか買わないかは別にして、K-3Ⅱや場合によってはKPの中古価格も下がりそうです。K-3とK-3Ⅱの値段が同じなら、そりゃあK-3Ⅱの方が欲しいです。K-3ⅡとKPが大体同じなら少し悩みますが。リアルレゾリューションが動体撮影時でも適応されますし。

 元々購入時にもK-3の存在は把握していましたが、その段階では買う勇気が出ませんでした。レンズも三脚も欲しかったので…。K-S2買ってから考え直そうと思いましたが、考え直す方向へ進んでしまいました。さて、これからどうしよう。

RICOH PENTAX K-S2とSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

RICOH PENTAX K-S2

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ボディ (ブラック) K-S2 BODY (BLACK) 11579

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ボディ (ブラック) K-S2 BODY (BLACK) 11579

 

【画質】

 これはレンズと一緒に紹介しないと意味が無いので後程。

【機能性】

 ペンタプリズムの見易さは素晴らしいです。これを入門機でも搭載しているのもPENTAXを選んだ理由の一つです(まあN社でもC社でもD7000系列や二桁台D系列になれば、ペンタプリズムになりますが)。それ以外の設定項目はまあ普通でしょうか。自撮り機能はネタで披露したら受けたので、たまに使っていますw

【操作性】

 操作はK-70の方が良いですが、後継機なので当たり前です。モニターはタッチパネルでは無いですが、まあ無くても困らないので気にしていません。

【携帯性】

 一眼レフカメラに携帯性を求めすぎるのもナンセンスだと思いますが、重さは競合他社製品と比べると重いです…。はい。性能と引き換えですね。

【電池】

 前の所有者がすぐに手放したのか、あんまり劣化していなかったみたいです。必要に応じて互換品を買えば十分かなと。

中古で約四万円で買ったので、二、三年程度は最低でも主力として使いたい。

 

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM PA ペンタックス用

シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM PA ペンタックス用

 

【画質】

 最初は(これしか持っていないし、PENTAX使っている人周りにいないから比較がそもそも出来ない)別に悪くないかなと思っていましたし、全然カメラに詳しくない人もスマートフォンのカメラよりも綺麗と言っていたので、まあまあかなと思っていましたが…。なんか絵が暗い感じが否めなく修正する事も度々あったので、明るさの限界に突入中。

【機能性】

 レンズでAF/MF切り替えが出来るのは良い所。あと純正と比べてうるさくないです。たまに動き物を撮る時に中々AFが定まらず(2~3秒)、写真がブレがちなのが最近気になっている所。腕が原因か、本体が原因か、レンズが原因か、それとも複合的なのか。

【携帯性】

 欲張りズームなので重いです。まあ汎用性と引き換えでしょう。

まとめ

 なんか色々言っていますが、私の中では満足しています。でもレンズが欲しくなってきました。今欲しいと考えているレンズは…。

  • HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
  • smc PENTAX-DA 50mmF1.8
  • SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001) 
  • HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR

 ハッキリあげられるのはこれらですね。あとはF2.8固定の中望遠ですかね。まあ予選的にも実用的にも有力な単焦点が最優先ですかね。SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001) は良い明るいレンズで、他のマウント使用者でも(同種類の中では)安いので目にされている方が多い感じですね。まあ後継機ののA009(Nikon用を友人が使用)、A025もあるので、今更買うのかってのはあります。そもそもKマウントには販売すらされていませんが。

 こうして見るとCanonNikonが羨ましくなってきますね。やっぱり80DとかD7200とか気になってしまいます。けどPENTAXにもK-3ⅡやKP、切り札のK-1が控えているので、何時かはそっちの方向でステップアップしたいですね。

iPod Classicから考えるDAPのあり方

話す事がまとまらないので、考察文でも。

数多くのDAPが販売されてきましたが、今でも話題にあがる物に「iPod Classic」があると思います。

iPod Classicは160GBのHDDを搭載している事が特徴で、これは当時から現在に至るまで、携帯用DAPでは最大級の容量を誇る物です。これは現行のiPod touchの高容量機よりも大きいです。

iPod Classicはこれ以外に目立った特徴は無いです。ですが大量の音楽を持ち歩ける、音楽を聴くに特化した構造、Appleらしい洒落た見た目で音楽好きからは大変好評でした。iPod Classicの販売終了が決まってからは在庫の価格が高騰し、延命と省電力化をする為に、自力でフラッシュメモリに交換する人も沢山現れる程です。

現在ではスマートフォンの普及の影響でDAP自身の付加価値は高める事がDAPの存在を支える上で必要な事になり、更にSpotifyAmazon Music等に代表される様なストリーミングが音楽の中心なってきているので、ONKYO・Pioneer連合やFiio等は無線LANAndroidを搭載して、こうしたサービスが利用できるDAPも登場しました(iPod touchもこんな感じですね。SONYは止めちゃいましたが)。

ただデータ通信に縛られず、オフラインで大量の曲を聴く事に特化したiPod Classicはこれからも語り継がれていくと思います。

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 
Apple iPod classic 160GB シルバー MB145J/A

Apple iPod classic 160GB シルバー MB145J/A

 

携帯用ノートパソコン(ラップトップ)選びで大切だと思う事

 ノートパソコンを購入する際は種類がとても多くて色々悩みましたが、その時の経験から色々と。上の項目から順に考慮する優先度です。

予算を決める

 ノートパソコンは安いのは二万円、高いのは二十万円近くに行きます。当然値段が高ければ高い程、性能が良くなります。無難なのは六万から十万位のかと。

重量

 1.5㎏以下が気軽に持ち運ぶのには限界だと思います。有名所のMicrosoft Surface(キーボード付き)やApple Macbook Air 13インチは約1.3㎏位です。軽くて高性能な機種は値段が高かったり、拡張性が犠牲になっていたりするので注意。

入力装置

 常に使うキーボードやタッチパッド等の感触は実際商品に触ってみない限りは分かりません。なので実際にお店に行きましょう。まあ慣れれば問題無いですが。

用途

 過去に発展途上国向けに作られた低性能のネットブックUMPC(Ultra-Mobile PC)が先進国でも人気を博した理由として、普通にブラウジング(インターネットで検索をする、ネットショッピング、動画を見る等)をする程度なら、小型で安価なパソコンで十分だと考える人が多かった事があります。だからこそパソコンを買う際は何をするか考えて買った方が良いです。インターネットで動画を見る位なら二万円台の安いパソコンでも出来ます。

SSD搭載か

 高速で衝撃に強いSSDの方が全てにおいて勝っています。記憶容量は外付けHDD/SSDUSBメモリ、SDカード、クラウドサービスで賄った方が良いです。備え付けHDDは避けるべき。万が一買ってしまっても交換出来るなら、SSDに換装しましょう。

画面解像度

 HD(1366×768)とFHD(1920×1080)等、解像度によって画質が全然違います。特に動画や写真をよく見る人は考えておきましょう。作業するにおいても高解像度程、多くの情報を画面に表示出来ます。解像度が良すぎて文字が小さくなるのが嫌でも、下げる事は可能なので、元々高い方が応用は利きます。

液晶の種類

 ノートパソコンでは動きに強いTN液晶と写りが綺麗なIPS液晶が主流です。このサイト様が詳しいので参照にして下さい。

www.pasonisan.com

スピーカーの音質

 モノラルよりもステレオの方が良いです。ただイヤホンやヘッドホン、外部スピーカーを駆使する場合はあんまり気にしなくて良いと思うので、値段や他の部分の性能が同じなら、解像度で選んだ方が良いでしょう。

中古の存在も

 現在、二、三万円で売られているパソコンよりも、三、四年前に十万以上で売られていた中古の高級ノートパソコンの方が性能が高い場合があります。元々法人用で使われていた状態の良い品も多いです。その場合は自分で電池の交換出来るパソコンにする事を進めます。

どこの企業か

 CPUやメモリは同じ位の値段ならどこも大体一緒です。さっきも書きましたがお店でキーボード触ってみた感触やそれこそ見た目で決めても良いと思います。

タッチパネル付き、2 in 1はどうなの?

 設計者の意図の通り、確かに汎用性は高く色々な事に使えると思います。それ故目的を持って使わないと中途半端になる恐れがあると思います。元々そう言う製品ですし。なので2 in1は私は人を選ぶ商品だと考えています。なのでお絵描きでもしない限りは高い金を払ってまで購入する価値はあんまり無いと思います。ただお絵描きをするにしても純粋なペンタブレットの方が…。

「きっと、うまくいく」を見た。

 数年前から作品の存在は知っていたので、何時かは見てみたいとは思っていましたが、中々見れず、今回、友人の家に遊びに行った時に一緒に見る機会があって、漸く見る事が出来ました。

 どんな話か大雑把に言うと、インドの最高峰の理工大学(元ネタはインド工科大学)に入学して、寮が一緒になった三人の学生が意気投合して、騒動を起こしつつ、自分らしい生き方を模索していく学生時代と、卒業して十年後、三人の内の二人が行方不明が分からなかった一人を探しに行く旅の二つの内容で構成されています。

 約3時間と言う長さですが、笑いあり、涙あり、感動あり、ダンスありで長丁場ですが全く飽きないです。しかもそれぞれが進行上破綻しておらず。脚本の組み立ても見事としか言い様が無いです。

 また、この映画ではインドの社会問題を扱っています。インドは数学と理工で伸びた国ですが、その反面で貧困層がまだまだ多いインドでは技術者になる事が立身出世の一番の近道とされていて、それにより熾烈な競争社会で苦しみ、自分の本当にやりたい事に取り組めない若者達の問題が描かれています。ようは「本当に幸せになる為には、自分の本当にやりたい事にまっすぐ取り組むべきだ」と言う地域、時代関係無く不変の事をこの映画では扱っています。

 単純に面白いインドの映画として見るのもありですが、脚本作りやインド社会の勉強にもとても良い映画だと思いました。

きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいく [DVD]

 
きっと、うまくいく [Blu-ray]

きっと、うまくいく [Blu-ray]

 

よく使うおすすめのインターネットサービス

OSに関わらず、ブラウザーが使えれば使えるサービスです。

Evernote Web

 ブラウザ上でEvernoteが使えます。Evernoteは無償版だとクライアントソフトが二台の端末までしか使えないですが、Web版を使う分には制限は無いので、パソコンで使う分にはWeb版がおすすめです。

https://www.evernote.com/Login.action

Virustotal

 ファイルをアップロードすれば、そのファイルが危険な物では無いかを、URLを入れれば、そのサイトが危険なサイトでは無いかを複数のサービスから確かめてくれるサービスです。ただVirustotalの有償会員がアップロードしたファイルを入手出来るので、個人情報は避けた方が良いでしょう。Atavi

 インターネットに接続している事が前提ですが、どんなブラウザでもOperaVivaldiのスピードダイヤルに似たスタートページ兼ブックマークを使う事が出来ます。これで端末事にブラウザーが異なっても、同じブックマークが使用出来ます。Androidではアプリとして配信されています。

Atavi - bookmark manager