私文歴

自分が関心のある内容について書く不定期更新の雑記ブログです。

DuckDuckGoを使ってみて。

 GoogleAndroidGmailを使っている以上、日頃からお世話になっていますが、サービスをGoogleに依存するのは面白くないと思い、何か面白い検索エンジンを探していたら、このDuckDuckGoを見つけました。

duckduckgo.com

 アヒルのマークが特徴です。

 

f:id:Shanstate:20190213222015p:plain

 米国生まれの検索エンジンですが日本語にもちゃんと対応しています。

 

f:id:Shanstate:20190213222105p:plain

f:id:Shanstate:20190213222109p:plain

 標準だと地域設定が「全世界」なのでアルファベットだけで検索すると英語のサイトが、漢字だけだと中国語のサイトが表示されてしまいますが、地域設定を「日本」に設定すれば日本のサイトがちゃんと表示されます。何故かWikipediaの説明は逆になっていますが。検索結果は独自のWebクローラーの他bing等を参照にしているみたいです。

 

 このDuckDuckGoの最大の特徴は個人情報保護を謳っている事。トラッキングや広告ターゲティングをしない事を大々的に宣伝しています。DuckDuckGoも運営資金を得る為に標準では広告が表示されますが、表示させる、させないも利用者側で決める事が出来ます。

 

 検索エンジンなのでOS、ブラウザー、パソコンやスマートフォンタブレットPC問わず使用出来ます。AndroidiOSには最適化されたブラウザー版もアプリストアで配信されています。FirefoxSafari、SRWare Iron等個人情報保護を謳うブラウザーでは標準で選択出来ます。Torを使用するブラウザーもその役割上、標準で検索エンジンとして設定されています。Google Chromeもつい最近、地域限定でDuckDuckGo検索エンジンに設定出来る様になりました(日本では未実装)。Google Chromeを含むChromiumブラウザーOpera等のそれ以外のブラウザーもパソコン版なら拡張機能と言う形でDuckDuckGoを標準の検索エンジンに出来ます。

 

 個人情報保護に拘った検索エンジンなので…

  • HTTPSの有効化無効化。
  • 標準で使う地図サイトの設定(Google Map以外にもBing MapやOpenStreet Map等を指定可能。)。
  • 厳格、標準、無効の三段階で選べるセーフサーチ。
  • 動画再生(YouTube等の動画をDuckDuckGoから再生が出来る。)。

等の様々な機能を自分で設定する事が出来ます。標準は普通の白背景ですが、私は目の健康の為に黒背景にしています。拘りの強い方は背景や検索結果の文字の色等も自分自身で細かく決める事が可能。 

 

 最近はGoogle AdSenseを収益の柱にしているサイトが多い事から、Googleでの検索結果は結構ごちゃごちゃしている感じかなと思います。勿論Googleの質の向上には努めていますが、中々難しいのが現状だと思います。それに比べると、DuckDuckGoで検索すると比較的公式サイトを優先して表示してくれる傾向があると感じます。

 

 DuckDuckGoがこの先何処まで伸びるかは分からないけど、もっと一般的に使う人でも選択肢の一つとして普及してくれる事に期待したいです。

 

参考文献

ja.wikipedia.org

d.hatena.ne.jp

enjoypclife.net

marketingnative.jp

www.washingtonpost.com

 

SE215SPE-B-UNIを購入。

購入に行った経緯として

  • 長らく使ってきたJVC XX HA-FX11Xがご臨終に。
  • 前から気になっていた。
  • リケーブルが可能=長く使える。
  • 標準のケーブルの線が太い。
  • 2012年から継続的に売れ続けているロングセラー商品。

 同じMMCX方式を採用していている商品だと、半額以下の「KINERA Bd005E」と値段が同じ「SHURE SE215無印」等も気になったけど

  • なんでSHURE掛けが支持されているのか理由が分かりました。KINERA Bd005E シャカシャカしている。
  • Pioneer SE-CH9T 聴き疲れしそう。
  • SHURE SE215無印 さっぱりしすぎている(モニター用だし)。

 どれもリケーブルすれば化ける可能性も無きにしも非ずだけど、それなら素の時点で一番自分にとって理想的な音を出してくれるSE215SPEが良いと思い選択。ケチって後悔するのも嫌だったので。

 

 購入したのは通常のSE215SPEでは無く、去年販売開始されたSE215SPE-B-UNI-A。

Android/iOS向けに マイク、音量調節・再生停止ボタンが追加されたリニューアル版。普段はAndroidApple Music/Spotify/Amazon Music、NicoBoxを中心に音楽を聴くので、相性が良い本機に。

head-bank.com 折角、良いイヤホンを買ったなら、エージングに挑戦してみようと思い、こちらのブログ様で紹介されている手法を用いて、エージングを実施。気持ち音が柔らかくなった気がします。

 

 遮音性はびっくりする程高いです。ちょっと音を大きめにしていると周りの声が全く聞こえなくなります。外で使う事も多いので大事な事が耳に入ってきて来なさそうで心配です(笑)この前、飛行機に乗る機会がありましたが、効果は絶大でした。

 本製品はウレタン製のイヤーピースが使われています。今までシリコン製の物しか使った事しか無かったですが、ウレタン製の物は噂通り耳によく合います。私の友人もイヤーピースをウレタン製に変えたら、世界が変わったと言っていましたが、まさにその通りでした。

 音は宣伝通り低音は力強い。格安の物でも重低音を謳う物がちらほらあるけど格が違う。逆に高音はそれなりって感じですね(十分綺麗ですが)。もともとモニター用の商品を作ってきた会社だけあって、基本に忠実な音な気がします。私の場合、PanasonicやPioneer、ELECOMのイヤホンはシャリシャリしていて、聴き疲れしやすいと思い、これに決めましたが、長時間聞いていられる音です。

 事前に言った通り、このイヤホンは今まで売られていた物とは違い通話機能が付いているのですが、Zenfone3 ZE552KLとは相性が悪いみたいで、音量調節ボタンを押すと、何故かバグって認識しなくなります(他のAndroid端末では問題無く使えました。後日、店舗で同じ商品見つけたので試してみましたが、やっぱり上手く認識しませんでした。別の通話機能付きのなら普通に使えるのに…。)。

 この前、たまたま車内でスマートフォンを落としてしまった時のイヤホンジャックが曲がってしまいました。まあそう滅多に無い事だと思いますが、買ったばかりなので悲しかったです…。こう言う出来事は初めてですが、こういった経験をすると、無線の方が良いかなって少し思ってしまいました笑

 2012年の技術(今時ならもっと安くて十分に良い音がするイヤホンもあるかもしれない。)で見劣りしているとの目線で見る人もいるかもしれませんが、長い間、売れ続けているあって、丁寧な製品だと感じました。ただ購入の際は他のMMCXイヤホンを試してから良いと思います。やっぱり有線イヤホンで一万円は世間一般では高いと思うので。中華製の物なら二千円位からあります。

 いざとなったらリケーブルして音を変えたり、Bluetoothイヤホンにも改造出来るので、末永くお付き合いしていきたいと思います!

脱現金への道

 最近、世界的に現金を持ち歩かない(Cashless)動きが盛んになっているので、私自身も最近は現金を持ち歩かない生活にしたいなと思い、出来る事から始めていましたが…。

 

どうせ新しい物を買うなら、携帯電話に集約したい!

 

shanstate.hatenablog.com

  前回もこんな話をしていたので、次買えるなら、Felicaおサイフケータイ)が使える物にしても良いかなってちょっと考えています。

 只、SIMロックフリー機だとだとZE552KL Zenfone3より明らかに性能が上なのは、HTCのU11とU12+、Google Pixel3/3XL、Oppo R15 Plus、AppleiPhoneの内、2016年秋以降に販売された機種位に限られています。白ロム機ならSONY Xperia XZ1/XZ2 Compact、SHARP AQUOS R、Samsung Galaxy Note8/S9+/Note9、LG V30+とか。どれも悪くないですが、値段だったり、OSの問題が気になって、これ!って言う物が決まらない。

 

バーコード(QRコード)決済を活用する。

 国外で先行するAlipay(支付宝)やWeChat Pay(微信支付)、Paytmの実績から、ここ最近増えている決済方式。専用のアプリケーションを入れれば、コードを読み取るか見せる事をすれば、簡単に支払う事が出来る。アウトカメラのついていないスマートフォンは多分存在しないと思うので、それとアプリさえ導入出来れば、端末を選ばずに導入する事が出来るのが利点。Zenfone3でも問題無く使えています。

 今の所国内では、Origami Pay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Amazon Pay、PayPay、pixiv Pay等が展開されていて、来年以降はセブンアイホールディングスのセブン・ペイ、ゆうちょ銀行のゆうちょPay、みずほ・三井住友・三菱UFJ都市銀行連合主導の物のBank Payも登場する等、種類が急増中。

www.nikkei.com

 一応、規格の統一に向けた動きも始まっているので、日に日に便利になっていくと思う。交通機関に乗る時に使える様にして欲しいけど、航空機と船舶、高速バス以外は厳しそう。

 

安いFelicaが使える端末を買う。

 Google PayはAndroid 4.4以上、おサイフケータイAndroid 5.0以上が要件になっており、最低限この条件は満たさないといけない。白ロム機ならIDが使えるドコモ機一択。完全に決済専用機にするなら中古の低性能機で賄えるはず。OSが古いけど評価の高かったSONY Xperia Z3やSamsung Galaxy Feel系列とかが良いかな。

 良いお財布を買うと考えればそこまで高い出費では無いと思うけど、あんまり古すぎるのを買っても、アプリ側がOSのアップデートを要求して、買ってすぐ買い替えを余儀なくされるのはごめんなので、そこはきちんと考える必要があるかな。二台持ちになるから、一方はタブレットに変えても良いかもしれない。

次のスマートフォン。

Zenfone3を使い始めて、一年半以上経過したので、そろそろ新しい良いスマートフォンが無いかなって探しているこの頃。

一番気になっているのはOppo R15 Pro。Snapdragon660 ROM128GB RAM6GBと最近では一番堅実な性能。日本版ではFelicaおサイフケータイ)も搭載されるので、まあ使い勝手も良くなるかなと思っている。ただ端子がMicro USBなのがちょっと気になる所。

ASUS Zenfone5(2018)。Zenfone3以来の安定した性能だけど、ROM 64GBだから、カメラ以外はあまりに目に見える変化は無いかなと思っている。5Zも気になっている。

HUAWEI P20/Mate 10 Pro。お馴染みのHUAWEI機。興味本位の方で買ってみたい。

HTC U11。知人から勧められた。Snapdragon 835は素晴らしい。電池はどの位持つのかな?

Motorola。新型Zenfone5並みの物が出たら欲しいかも。純粋Androidはやっぱり魅力的。

SONY Xperia XZs, Samsung Galaxy S8, SHARP AQUOS R。型落ちによる値下げに期待。

まあ早くても買うのは来年の春以降だと思うから、その間に面白い機種が出る事を期待しています。

三脚買いました。

今年の一月に買った三脚「Tycka TK103」の感想です。購入のきっかけは単純にいい加減三脚買わないとなぁと思ったのと、性能のわりにお買い得だったので、当初考えていたベルボンのSherpa 435 III等を蹴って、興味本位で購入してみました。

この三脚を作ったTyckaと言う企業は、2016年に設立された中国企業らしいです。

TK103は中華三脚に多い一脚兼用型で、この手の三脚だと最近知名度が上がっているK&F ConceptやSIRUIが有名だと思います。このTyckaの三脚も見た目はK&F Conceptとかなり似ています。TyckaもK&F Conceptも深圳に本社があるので、それが関係しているのでしょうか?

 

説明書は英語と日本語で書かれています。少し変な日本語なのはご愛嬌。

 

ナット式で最大口径28mmとこの価格帯では破格な性能だと思います。きちんと取り付ければお辞儀してしまう事は無さそうです。重さは1.6kgです。同価格帯の物の中では重いですが、三脚は重い事も利点に繋がるので、ここは人によって評価が分かれるところだと思います。

f:id:Shanstate:20180430214536j:plain

 

収納用の専用の袋も付いてきます。ただ私の使い方が悪いかもしれませんが、若干キツイかも…。使い込んで漸く少しは入りやすくなったかなって感じです。その他、雲台を保護する黒い小袋や雪でも刺せるスパイク(一脚をストックとして使う為らしい)もあります。

f:id:Shanstate:20180430214353j:plain

 

つけたたらこんな感じですね。

f:id:Shanstate:20180430185700j:plain

倒れる心配は数か月使っていてありませんでした。カメラとレンズで約1kg以上ですね。ただキツめにカメラと固定しないとちょっとカメラを押すとゆっくりですが回転しちゃいますね。

photo-narrate.com

TK103について検索していたら見つけたこちらのブログ記事によると、K-1でも問題無いみたいです。

 

貸してもらったハスキー三脚しか使った事はありませんが、この値段の三脚の中では質には良い方だとと思います。長期で使えるかは分かりませんが、ネジ等の劣化が無ければ長い間使えるはずです。ただナットを回すにザラザラ引っかかる気がしますね。

 

今回は私が買ったのはプロフェッショナル仕様でしたが、約七千円で買える軽量型でも良いと思います。最大口径は25mmに下がり、一部の機能が無くなりますが、実用上特に気にする事は無いと思うので、最大口径28mmに拘らなければお勧めかと。

 

YouTubeにも詳しいレビュー。参考になりました。


耐荷重12Kの頑丈なアルミ三脚 Tycka TK103-4段167cmの紹介

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を買いました。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を購入しました。今回は新品で購入しました。

f:id:Shanstate:20180423115628j:plain

箱は小さいです。中身はレンズ本体(とレンズキャップ)と説明書、保証書のみです。レンズフードは付属していないので、自分で購入する必要があります。

 

f:id:Shanstate:20180423120754j:plain

最初の印象はその軽さ。流石は単焦点です。緑帯が良い感じです。

 

【写り】

 写りはなんとなくモヤっとした印象。良い言い方だと柔らかい描写をするレンズだと思います。開放だとボケが強すぎるのでF4.0以上に絞った方が綺麗に映るかなと思いました。あと、あんまりピントが合う写真が中々撮れないですね。被写界深度が浅いので慣れないとキツそうですね…。

焦点距離

 APS-Cで50mmを使うと中望遠になってしまうので使いにくいと言う声もありますが、私は全然使いやすかったです。もし近すぎて上手く行かない場合は足で調節すれば良いですし。

【AF】

 ただAF音はうるさいですねぇ笑 安いレンズなので気にしてはいけないでしょう。これが許容出来ない人は55mmのスターレンズの方を選んだ方が良いと思います。それか今夏出る予定の新型50mmか(これは高そうだけど)。合焦速度は悪くないと思います(K-S2で使う限り)。

【画質】

 画質に関しては思っていたより驚きは無かったです。私の中ではF値が低い=高画質と言う考えがあったのですが、それは勘違いですね…。お店で触ってもこれよりF値の高いLimitedレンズやスターレンズの方が適当に撮っても綺麗だったと思います。F値が低い事による利点、シャッタースピードを高速に出来る、ボケが作りやすいと言う所を単純に勉強する為のレンズですね。やはり目に見える実感を得る為にはそれなりレンズが必要かなと思います。

 

PENTAX 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8 Kマウント APS-Cサイズ 22177
 

  

 

次はマクロレンズのHD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited(かその旧型) か 望遠ズームのHD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR REかな…。超望遠にも興味があるけど、PENTAXテレコン付けない限り450mmまでのしか無いし、値段も20万、それより安価なSIGMAの50-500mmは生産終了しているしなぁ。代わりに新型の150-600mmをKマウントで出てくれると、とても嬉しいんですけどね。社長のペンタックス向けレンズに関する発言を聞く限り希望は薄そうですが泣 これだけの為に他社のカメラ買うのもありかなと思っています。

ThinkPad X280

ThinkPad X280が販売されましたね。私もようやく家電量販店で実機を見てきました。

うーん。薄型志向ならX1 Carbonの方が買いかな…。X2xx系列は着脱式電池(バッテリー)と付属品無しで沢山の端子が使える様な方が良いかなー。廉価版だったら、もう13系列あるし…。保守的だけどX2xx系列はあんまり設計変えない方が良いと思います。