私の駄文(仮)

自分が関心のある内容について書く不定期更新の雑記ブログです。

脱現金への道

 最近、世界的に現金を持ち歩かない(Cashless)動きが盛んになっているので、私自身も最近は現金を持ち歩かない生活にしたいなと思い、出来る事から始めていましたが…。

 

どうせ新しい物を買うなら、携帯電話に集約したい!

 

shanstate.hatenablog.com

  前回もこんな話をしていたので、次買えるなら、Felicaおサイフケータイ)が使える物にしても良いかなってちょっと考えています。

 只、SIMロックフリー機だとだとZE552KL Zenfone3より明らかに性能が上なのは、HTCのU11とU12+、Google Pixel3/3XL、Oppo R15 Plus、AppleiPhoneの内、2016年秋以降に販売された機種位に限られています。白ロム機ならSONY Xperia XZ1/XZ2 Compact、SHARP AQUOS R、Samsung Galaxy Note8/S9+/Note9、LG V30+とか。どれも悪くないですが、値段だったり、OSの問題が気になって、これ!って言う物が決まらない。

 

バーコード(QRコード)決済を活用する。

 国外で先行するAlipay(支付宝)やWeChat Pay(微信支付)、Paytmの実績から、ここ最近増えている決済方式。専用のアプリケーションを入れれば、コードを読み取るか見せる事をすれば、簡単に支払う事が出来る。アウトカメラのついていないスマートフォンは多分存在しないと思うので、それとアプリさえ導入出来れば、端末を選ばずに導入する事が出来るのが利点。Zenfone3でも問題無く使えています。

 今の所国内では、Origami Pay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Amazon Pay、PayPay、pixiv Pay等が展開されていて、来年以降はセブンアイホールディングスのセブン・ペイ、ゆうちょ銀行のゆうちょPay、みずほ・三井住友・三菱UFJ都市銀行連合主導の物のBank Payも登場する等、種類が急増中。

www.nikkei.com

 一応、規格の統一に向けた動きも始まっているので、日に日に便利になっていくと思う。交通機関に乗る時に使える様にして欲しいけど、航空機と船舶、高速バス以外は厳しそう。

 

安いFelicaが使える端末を買う。

 Google PayはAndroid 4.4以上、おサイフケータイAndroid 5.0以上が要件になっており、最低限この条件は満たさないといけない。白ロム機ならIDが使えるドコモ機一択。完全に決済専用機にするなら中古の低性能機で賄えるはず。OSが古いけど評価の高かったSONY Xperia Z3やSamsung Galaxy Feel系列とかが良いかな。

 良いお財布を買うと考えればそこまで高い出費では無いと思うけど、あんまり古すぎるのを買っても、アプリ側がOSのアップデートを要求して、買ってすぐ買い替えを余儀なくされるのはごめんなので、そこはきちんと考える必要があるかな。二台持ちになるから、一方はタブレットに変えても良いかもしれない。

次のスマートフォン。

Zenfone3を使い始めて、一年半以上経過したので、そろそろ新しい良いスマートフォンが無いかなって探しているこの頃。

一番気になっているのはOppo R15 Pro。Snapdragon660 ROM128GB RAM6GBと最近では一番堅実な性能。日本版ではFelicaおサイフケータイ)も搭載されるので、まあ使い勝手も良くなるかなと思っている。ただ端子がMicro USBなのがちょっと気になる所。

ASUS Zenfone5(2018)。Zenfone3以来の安定した性能だけど、ROM 64GBだから、カメラ以外はあまりに目に見える変化は無いかなと思っている。5Zも気になっている。

HUAWEI P20/Mate 10 Pro。お馴染みのHUAWEI機。興味本位の方で買ってみたい。

HTC U11。知人から勧められた。Snapdragon 835は素晴らしい。電池はどの位持つのかな?

Motorola。新型Zenfone5並みの物が出たら欲しいかも。純粋Androidはやっぱり魅力的。

SONY Xperia XZs, Samsung Galaxy S8, SHARP AQUOS R。型落ちによる値下げに期待。

まあ早くても買うのは来年の春以降だと思うから、その間に面白い機種が出る事を期待しています。

三脚買いました。

今年の一月に買った三脚「Tycka TK103」の感想です。購入のきっかけは単純にいい加減三脚買わないとなぁと思ったのと、性能のわりにお買い得だったので、当初考えていたベルボンのSherpa 435 III等を蹴って、興味本位で購入してみました。

この三脚を作ったTyckaと言う企業は、2016年に設立された中国企業らしいです。

TK103は中華三脚に多い一脚兼用型で、この手の三脚だと最近知名度が上がっているK&F ConceptやSIRUIが有名だと思います。このTyckaの三脚も見た目はK&F Conceptとかなり似ています。TyckaもK&F Conceptも深圳に本社があるので、それが関係しているのでしょうか?

 

説明書は英語と日本語で書かれています。少し変な日本語なのはご愛嬌。

 

ナット式で最大口径28mmとこの価格帯では破格な性能だと思います。きちんと取り付ければお辞儀してしまう事は無さそうです。重さは1.6kgです。同価格帯の物の中では重いですが、三脚は重い事も利点に繋がるので、ここは人によって評価が分かれるところだと思います。

f:id:Shanstate:20180430214536j:plain

 

収納用の専用の袋も付いてきます。ただ私の使い方が悪いかもしれませんが、若干キツイかも…。使い込んで漸く少しは入りやすくなったかなって感じです。その他、雲台を保護する黒い小袋や雪でも刺せるスパイク(一脚をストックとして使う為らしい)もあります。

f:id:Shanstate:20180430214353j:plain

 

つけたたらこんな感じですね。

f:id:Shanstate:20180430185700j:plain

倒れる心配は数か月使っていてありませんでした。カメラとレンズで約1kg以上ですね。ただキツめにカメラと固定しないとちょっとカメラを押すとゆっくりですが回転しちゃいますね。

photo-narrate.com

TK103について検索していたら見つけたこちらのブログ記事によると、K-1でも問題無いみたいです。

 

貸してもらったハスキー三脚しか使った事はありませんが、この値段の三脚の中では質には良い方だとと思います。長期で使えるかは分かりませんが、ネジ等の劣化が無ければ長い間使えるはずです。ただナットを回すにザラザラ引っかかる気がしますね。

 

今回は私が買ったのはプロフェッショナル仕様でしたが、約七千円で買える軽量型でも良いと思います。最大口径は25mmに下がり、一部の機能が無くなりますが、実用上特に気にする事は無いと思うので、最大口径28mmに拘らなければお勧めかと。

 

YouTubeにも詳しいレビュー。参考になりました。


耐荷重12Kの頑丈なアルミ三脚 Tycka TK103-4段167cmの紹介

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を買いました。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を購入しました。今回は新品で購入しました。

f:id:Shanstate:20180423115628j:plain

箱は小さいです。中身はレンズ本体(とレンズキャップ)と説明書、保証書のみです。レンズフードは付属していないので、自分で購入する必要があります。

 

f:id:Shanstate:20180423120754j:plain

最初の印象はその軽さ。流石は単焦点です。緑帯が良い感じです。

 

【写り】

 写りはなんとなくモヤっとした印象。良い言い方だと柔らかい描写をするレンズだと思います。開放だとボケが強すぎるのでF4.0以上に絞った方が綺麗に映るかなと思いました。あと、あんまりピントが合う写真が中々撮れないですね。被写界深度が浅いので慣れないとキツそうですね…。

焦点距離

 APS-Cで50mmを使うと中望遠になってしまうので使いにくいと言う声もありますが、私は全然使いやすかったです。もし近すぎて上手く行かない場合は足で調節すれば良いですし。

【AF】

 ただAF音はうるさいですねぇ笑 安いレンズなので気にしてはいけないでしょう。これが許容出来ない人は55mmのスターレンズの方を選んだ方が良いと思います。それか今夏出る予定の新型50mmか(これは高そうだけど)。合焦速度は悪くないと思います(K-S2で使う限り)。

【画質】

 画質に関しては思っていたより驚きは無かったです。私の中ではF値が低い=高画質と言う考えがあったのですが、それは勘違いですね…。お店で触ってもこれよりF値の高いLimitedレンズやスターレンズの方が適当に撮っても綺麗だったと思います。F値が低い事による利点、シャッタースピードを高速に出来る、ボケが作りやすいと言う所を単純に勉強する為のレンズですね。やはり目に見える実感を得る為にはそれなりレンズが必要かなと思います。

 

PENTAX 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8 Kマウント APS-Cサイズ 22177
 

  

 

次はマクロレンズのHD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited(かその旧型) か 望遠ズームのHD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR REかな…。超望遠にも興味があるけど、PENTAXテレコン付けない限り450mmまでのしか無いし、値段も20万、それより安価なSIGMAの50-500mmは生産終了しているしなぁ。代わりに新型の150-600mmをKマウントで出てくれると、とても嬉しいんですけどね。社長のペンタックス向けレンズに関する発言を聞く限り希望は薄そうですが泣 これだけの為に他社のカメラ買うのもありかなと思っています。

ThinkPad X280

ThinkPad X280が販売されましたね。私もようやく家電量販店で実機を見てきました。

うーん。薄型志向ならX1 Carbonの方が買いかな…。X2xx系列は着脱式電池(バッテリー)と付属品無しで沢山の端子が使える様な方が良いかなー。廉価版だったら、もう13系列あるし…。保守的だけどX2xx系列はあんまり設計変えない方が良いと思います。

初期化のありがたみ。

新年あけましておめでとうございます。もう二月ですが。

 

Zenfone3を初期化しました。理由は最近少し燃費が悪くなってきたかなと思ったからです。

買って丁度一年経って、色々ごみも溜まっているはずなので思い切って一層しました。動きも前よりは若干軽快になったと思います。それ以上に内部容量の空きが増えたのに驚いた。多少はアプリ減らしたり、消したりしましたが…。これにはびっくり。

まあデータのバックアップとかには多少手間は掛かりますが、確実に回復するので、ちょくちょく初期化する事は健康にも繋がるのでお勧めします。

上級機が欲しい。

 大分寒くなってきましたね。もうK-S2を購入して四ヶ月経ちました。時の流れは本当に早いです。

shanstate.hatenablog.com

  前回の記事でK-S2を二、三年使いたいと言っていましたが、それが揺らぎ始めています。中古相場で約¥45,000程度で出回っているK-3を見ると、K-S2を売って、そっちに移った方が良いかなと思ってしまいました。K-3は2013年販売された機種で当時のPENTAXの一眼レフでは最高性能を誇っていました。改良型のK-3Ⅱと同様、シャッター速度1/8000、秒間8.3コマと動き物には滅法強い機種です。最新型のK-1/KP/K-70もこの部分は敵いません。その他の部分も可動液晶やWi-Fi/NFC周り以外はK-S2よりも全体的に細かい調整が利く様になっています。

 K-S2自体は評判通り良いカメラだと思います。ただ100gの重くなる事で格段の性能向上が望めるなら、そっちの方が良いかなと思ってしまいます。初の一眼レフでD5300を選ばず、最初から当時APS-C最上級機だったD7100にした友人の存在も大きいです。その友人は売る位だったらレンズも売って、D7200やEOS 7D MarkⅡとかにしたらと言ってきましたが笑(レンズの多さは見る度に羨ましくなりますね…。)

 K-3を買ったとしても、気になるのは来年出るかもしれないと噂されているK-3Ⅱの正当後継機。それを買うか買わないかは別にして、K-3Ⅱや場合によってはKPの中古価格も下がりそうです。K-3とK-3Ⅱの値段が同じなら、そりゃあK-3Ⅱの方が欲しいです。K-3ⅡとKPが大体同じなら少し悩みますが。リアルレゾリューションが動体撮影時でも適応されますし。

 元々購入時にもK-3の存在は把握していましたが、その段階では買う勇気が出ませんでした。レンズも三脚も欲しかったので…。K-S2買ってから考え直そうと思いましたが、考え直す方向へ進んでしまいました。さて、これからどうしよう。