私の駄文(仮)

自分が関心のある内容について書く雑記ブログです。

ThinkPad X230の使用感

古い機種で既に詳しい写真や動画を掲載されている人も多いので、文章のみの個人的な感想です。

 

見た目

 質実剛健と言う言葉が似合いますね。最新のX270と見比べても特に見た目は変わっていないので、全く古臭くありません。

耐久性

 中身が窮屈な鞄にぶち込んでも、壊れない保障はあると思います。対落下性能は未体験。

処理速度

 Windows 10 Pro 64bitで、SSD搭載、CPUはCore i5-3320M、メモリは8GBですが、遅い所は見た事が無いです。余計なソフトも入っていませんし。

描写性能

 ゲームはまだしていないので判りませんが、Youtubeニコニコ動画の視聴はサクサクしています(デスクトップで使っているCore i3-2100T搭載機(SSD搭載で、メモリ容量も同じ)よりも)。

拡張性

 PanasonicのLet's noteよりは劣りますが、モバイルノートパソコンとしては優秀だと思います。

入力装置

 何かと好き嫌い分かれるアイソレーションキーボードを搭載ですが、打ちやすくて特に不満もありません。汚れにくそうですし。ThinkPadの特徴であるトラックポイントも優秀です。もうマウスが無くても大丈夫そう。

音質

 普通ですが、私には聞こえれば良し。Zenfone 3は素だとモノラルなので、ステレオの効果が実感できます。

容量

 SSD 128GBですが十分です。

携帯性

 最新のMacbook Airとそんなに変わりません。正直これ以上軽くなる必要性は今の自分には無いので問題ありません。

電池持ち

 中古なのでご愛嬌(1~2時間程度)。新品に交換した場合の持ちはどうなんでしょう。充電速度も早いです。

液晶

 ねじれネマスティック液晶(TN液晶)なので安っぽいですが、用途も限定されているので気にしません。眼にも優しそうですし。X2xx系列なのでタッチパネルでは無いですが、別になくても困りません。

総論

  ¥38,500で買った中古ですが、とても満足!後継機も購入してみたいと思いました。薄さ上等のウルトラブックも良いですが、拡張性に長けた携帯用ノートパソコンが欲しい方はThinkPadかLet's noteかなと思います。

 

Lenovo公式

ThinkPad X230 製品仕様書

購入の際に参考になったサイト様

購入

ノートパソコンと一眼レフカメラ

前から予定していたノートパソコンと一眼レフカメラの購入をしました。それぞれLenovo ThinkPad X230とRICOH PENTAX K-S2です。

f:id:Shanstate:20170822145634j:plain

最初はご存知AppleMacbook AirLenovoのYOGAやideaPadの中級機を購入しようと思ったのですが、停滞気味だったがCPUがAMDRyzenの販売等の影響で活性化しているので、来年のノートパソコンから競争が過熱し、コア数が増えそうだと言う意見を耳にしました。なので予算四万以内に合致する物を繋ぎとして購入する事にしました。最初はDELLのInspiron 3000系列にしようと思いましたが、それより性能の良い中古ThinkPadが安く購入出来るのではないかと頭に浮かび、イオシスでの購入に至りました。

四年以上前のパソコンでしたが、IBMのリフレッシュと、性能面ではSSD 128GBとメモリ 8GBが効いているのか、今の所は特に不具合は無いです(OSはWindows10 Pro 64bitです)。細かな感想は追々書けたらなあと思っています。

f:id:Shanstate:20170822150226j:plain

富士フイルムのネオ一眼を持っていたのですが、経年の使用でかなり劣化してきたので二年位前から買い替えようとは思っていました。手動ズーム機が使えないのが辛かったのも理由です。当初は友人と同じNikon D7000系列にしようと思いましたが、最近のカメラはミラーレス一眼の伸長等で先行きが読めないので、あんまり高級機に食指が動きませんでした。ミラーレスなら富士フイルムSONYCanonから選びたい所ですが、触った感触もまだ私には微妙で、欲しい機種も高額だったので今回は見送りました。

私の周りはNikonの使用者が多いので素直にNikonにしようとも思いましたが、Pentax機を調べていく内にPentaxの方か興味が湧いてきてたのが選んだ理由です。私自身が捻くれ者なので皆が持っていない機種にしたかったのも大きかったですが(笑)鉄道写真とかの動き物にAFが遅い傾向のあるPentaxはナンセンスかもしれませんが、ネオ一眼よりは撮りやすい事は間違えないので私は気にしません。実際に撮ってみた限りは特に不満は無いです。レンズは純正では無くてSIGMAの高倍率ズーム(所謂、便利ズーム)を使っています。単焦点等の他のレンズにも興味はありますが当分はこれで頑張っていきたいと思っています。

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ボディ (ブラック) K-S2 BODY (BLACK) 11579

PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 ボディ (ブラック) K-S2 BODY (BLACK) 11579

 
シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM PA ペンタックス用

シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM PA ペンタックス用

 

 

 

 

RPGツクールVX Aceを購入

RPGツクールVX Aceを購入しました。Steam版だけど。知っている人は知っていると思いますが、この前までSteamでは恒例のサマーセールを行なっていて、それに便乗して購入しました。

更にPayPalに500円引き券がたまたまあったので、千円以下で購入が出来ました。

私がツクールと出会ったのは、ニコニコRPGに感銘を受けて、RPGツクール2000を購入したのが始まりです。2000はまだまだ全然使える名ソフトなんですが、流石に新しいのが欲しくなってきたので購入に踏み切りました。

2000よりも出来る事が多過ぎて、どこから手を付けて良いか分からない感じです。

とりあえずゲームをダウンロードして、皆どんな感じでゲームを作っているか見てみようと思います。

必要な情報とは?

書く事が浮かばないのでちょっと社会的な事について

私は昔からネットサーフィンが好きで移動中や休日もゲームよりもネットサーフィンでニュースやショッピング、掲示板の閲覧している事が多いのですが、最近は少し疲れや身体に負荷が掛かっている様な気がしています。所謂「情報過多」なのでしょうか。

情報オーバーロード - Wikipedia

Wikipediaからの情報ですが、情報過多への懸念は東西問わず、遥か昔から叫ばれていた様です。情報過多が決定的になったのは何時からでしょうか。私はスマートフォンが本格的に普及し始めた2010年代以降だと思います。 私はスマートフォンを初めて手にした時に「こんなに小さな端末でも快適にインターネットが出来るのか凄い時代になったもんだな…。」と感動しました。そのお陰で今まで日常的にインターネットに触れる事が無かった人が参加した賑わった一方で、悪質なデマや拡散前提のニュースばかりで中身の薄い物が目立つ様になり、本当に価値のある物を見つける事が難しくなった様な気がします。インターネットが大衆化したかも言えたかもしれません。

以前は比較的個人運営サイトが目立つ事が多かった気がしますが、最近はまとめサイトやニュースサイトが目立つ様な気がします。それが悪いとは思いませんが、先も述べた通り扇動的な題名や内容が多い物も多くて嫌になります。

色んな意見がある事はとても良い事だと思いますが、多過ぎて何が正しいのか、最善なのか判らなくなってしまった様な気がします。立場が違えば求める答えは変わってきますし。

少し話は逸れますが、昨今の国内外の多くの問題が解決が難しいのも、どれをとっても不利益になる集団が現れたり、反対派も鋭い批判がやりやすく、目立ちやすい環境が出来てしまった事、そしてそれを裏付ける情報が簡単に手に入ったり、見つける事が出来るのも原因の一つだと私は考えています(上手く言えないけど)。

確かに情報は沢山あった方が可能性も広がり、得する事も多くなると思います。但し本当に自分に必要な有益に出来る情報はほんの一部だと思います。「知識は力なり」と言う格言がありますが、知識が多いのは決して力になるとは限らないと思います。

Portable Appsについて

ポータブルソフトとは一言で言えばインストールの必要が無いソフトの事です。zipファイル形式で配布しているソフトはこれに該当します。必要な事はソフト自身がOSに対応している事(物によっては性能)ぐらいでしょうか。インストールの必要が無いので、フォルダを丸ごと移動すれば、問題無く動作します。詳しく知りたい方は下記のブログに詳しく説明がされているので参照して下さい。

指導員Mの脳内授業 ポータブルアプリの薦め

主にUSBメモリ等の外部容量に入れて使う事が多いですが、レジストリを汚さない性質上、普通にパソコンに入れても有用なので、私もこれが理由でポータブルソフトを使用しています。その為、パソコンの健康には優しいと思われます。

ポータブルアプリをランチャー内にまとめる事出来るソフトがあります。「Portable Apps」です。Portable Appsは下記のサイトからダウンロード出来ます。

ja.osdn.net

Portable Appsは標準で様々なソフトがダウンロード出来る様になっています。主に挙げられる物としてはGoogle ChromeFirefoxGIMPVLC等があります。ここからインストールしたソフトは、Portable Appsを起動した時に更新がある場合は自動で通知してくれます。これでも十分凄いですが、Portable Appsでダウンロードが出来ないソフトで、別でダウンロードしたポータブルソフトをPortable Appsのフォルダ内に入れれば、Portable Apps経由で起動する事が出来ます。これは恐らく全てのポータブルソフトに対応していると思います。自分でポータブル化したソフトでも大丈夫です。私も以前、「インストールせずにインストールファイルを解凍して中身を取り出したPicasa」や「Cameyoで仮想化したWindows版LINE」を使ったり、使っていましたが、全て問題無く使用する事が出来ました。

Portable AppsはUSBメモリ等の外部容量にも入れる事が出来ます。会社や学校のパソコンを使う場合でも、汚さないので他人にも迷惑が掛からず、何時でも自分にとって最適な環境で作業が出来るのでおすすめです。

おすすめのSIMロックフリー携帯電話端末(2017年6月10日現在)

SIMロックフリー端末も大分一般的に知られる様になってきたので、各価格帯で私がおすすめしたい端末を一言感想を述べて紹介したいと思います。

 

1万円未満 ケチらずにもっと高い物を買いましょう。

 

1万~2万円台前半 普通の使い方なら満足出来る価格帯。

HUAWEI nova(上)/P9 lite(下)

f:id:Shanstate:20170609224922j:plain

f:id:Shanstate:20170609224927j:plain

 MVNO専売のnovaの方がメモリも性能も上なのでそちらを推奨します。

 

コヴィア・ネットワークス g07(上)/g07+(下)

f:id:Shanstate:20170609225010j:plain

f:id:Shanstate:20170609225015j:plain

 この価格帯としては破格の容量とメモリを持つ。KDDIau)回線を使う人は+の方で。

 

2万円~3万円台前半 ここから4万円台がSIMロックフリー端末の激戦区なので種類が多い。

ASUS ZenFone 3 Max ZC553KL

f:id:Shanstate:20170609224952j:plain

 名前の通り電池持ちが良いスマートフォン。5.2型のもあるがそちらはSoC(CPU)性能が劣る。

 

motorola(Lenovo) Moto G4 Plus

f:id:Shanstate:20170609224904j:plain

 motorolaスマートフォンGoogle監修のNexusやPixel同様、余計なアプリが入っていない純粋Android端末なので動作は安定している。またSIMカード二枚使用(DSDS)とSDカードの両立が可能(これから挙げる上位機でも同じ。)。

 

ZTE Axon 7 mini

f:id:Shanstate:20170609224757j:plain

 隠れた名機(だと思う)。前面ステレオスピーカー内蔵なので音に拘る人は是非。容量もメモリも十分。

 

SHARP AQUOS SH-M04(上)/富士通 arrows M03(下)

f:id:Shanstate:20170609225952j:plain

f:id:Shanstate:20170609224856j:plain

 数少ない国内企業製のスマートフォン。電池持ちは良い分、性能はあまり高くないが、ワンセグ等の日本独自機能が欲しい人はこれを。

 

HUAWEI P10 lite

f:id:Shanstate:20170609225658j:plain

 もうすぐ国内でも販売されるP9 liteの後継機。メモリと容量が増強された。

 

3万円台 ゲームも快適に出来るのはここら辺から。

ASUS Zenfone 3 ZE520KL

f:id:Shanstate:20170609224957j:plain

 この度、値下げが決まったZenfone3。全体的の性能がよくまとまっており、発熱しにくい省電力のSoC(CPU)を積んでいる。迷ったらこれ。

 

motorola(Lenovo) Moto G5 Plus

f:id:Shanstate:20170609224909j:plain

 Moto G4 Plusの後継機。SoCと容量はZenfone3 ZE520KLと同様だが、メモリは1GB多い。

 

4万円台 キャリアの高性能端末と(体感上)殆ど差は無くなる。

HUAWEI P9

f:id:Shanstate:20170609224934j:plain

 P9 liteの上位互換。デュアルカメラが特徴だが、性能面でも同価格帯の平均的なスマートフォンと比べて三割程性能が上である。楽天モバイル契約者はカメラ性能が下がった分、メモリが4GBになった変種であるhonor8も購入出来る。

 

ASUS Zenfone 3 ZE552KL

f:id:Shanstate:20170609225001j:plain

 5.5型の液晶、3,000mAhの電池容量、64GBの容量、4GBのメモリとなったZenfone3。性能だけなら上位互換。もう少しお金を出すとNFC付きで金ぴかのZenfone 3 Delux ZS550KLも買う事が出来る。

 

Apple iPhone SE 32GB

f:id:Shanstate:20170609224851j:plain

 新品では一番安く買えるiPhone。画面の大きさは4型と最近のスマートフォンにしては小型。性能は6S並。小型機が欲しい方は是非。

 

トリニティ NuAns NEO Reloaded

f:id:Shanstate:20170609224918j:plain

 丁寧な設計の国内企業のスマートフォン。敢えて端末の薄さに拘らない事によって、コストダウンと高容量電池、持ち易さの両立に成功している。おサイフケータイに対応。motorola同様で殆ど手を加えられていないAndroidを採用している。

 

5万円以上 文句無しの高級機達。

HUAWEI Mate9

f:id:Shanstate:20170609224900j:plain

 HUAWEIの最高級ブランドで申し分無い性能を誇る。電池持ちと写真を重視したい人はこっち。

 

HUAWEI P10(上)/P10 Plus(下)

f:id:Shanstate:20170609225649j:plain

f:id:Shanstate:20170609224940j:plain

 もうすぐ国内で販売されるP9/P9 Plus(日本未発売)の後継機。性能はMate9とほぼ同様だが、こちらは画面の大きさが小さくなり扱いやすい。P10は5.3型、P10 Plusが5.5型であり、P10 Plusは防塵防水に対応している。

 

ZTE Axon 7

f:id:Shanstate:20170609225006j:plain

 Axon 7 miniの上位機で国内で販売中のスマートフォンの中では最高級のスピーカーを誇るスマートフォン。性能もSONY Xperia XZ/XZs並と申し分ない。ゲームと音楽を重視したい人はこっち。

 

ONKYO GRANBEAT DP-CMX1

f:id:Shanstate:20170609225022j:plain

 誰にも負けない音質が特徴。電話とモバイル通信機能を付けたDAP(デジタルオーディオプレーヤー)と言った方が適切かもしれない。性能は三万円台のスマートフォン位。

 

Zenfone 3 Delux ZS570KL

f:id:Shanstate:20170609224944j:plain

 2016年当時最新最高のSoCを積み、6GBのメモリ、256GBの容量と現時点では魔物の様な端末。

 

motorola(Lenovo) Moto Z

f:id:Shanstate:20170609224913j:plain

 Motoの中では最高級端末。Moto modsと呼ばれる装置で強化が出来る。廉価版だが電池持ちに優れてイヤホンジャックが付いているMoto Z Playも存在する(性能はG5 Plusとほぼ同じ。)。

 

Apple iPhone7(上)/7 Plus(下)

f:id:Shanstate:20170609224843j:plain

f:id:Shanstate:20170609224847j:plain

 iPhoneの現行最高級端末。おサイフケータイよりも対応カードが多い電子決済である「Apple Pay」が使用可能。防塵防水にも対応。

 

Apple iPhone SE 128GB 

 高容量になったiPhone SEこちらはApple Payは使えないので購入の際はご注意を。

 

番外編 白ロム端末

 ご存じだと思いますが、別にキャリアの端末でも、使用するSIMカードが使用している端末のキャリア帯域に対応していれば別に手続きしなくても、そのまま使う事が出来ます(docomo回線のSIMカードならdocomoから販売されている端末がそのまま使えると言う事です。)。キャリアの端末は欲しいけど、通信料は安く済ませたい人は是非ご検討を。

 

画像出典元

kakaku.com

neo.nuans.jp

www.fleaz-mobile.com

www.motorola.co.jp

初めてのご挨拶

初めまして、ブログを始めました。管理人のShanstateです。

 

昔もブログを書いていたのですが、本格的にTwitterが流行りだしたので、そっちに夢中になってしまいブログの運営からは遠ざかってしまいました。

 

ですが、ブログやホームページの方が一度に多くの情報を掲載させる事が出来るのと、自分自身、久々に長文記事を書いてみたくなったので今回、開設に至りました。

 

主にITや定番のガジェット、カード等といった実用系や趣味の写真の内容を書ければなぁと思っています。何卒宜しくお願いします。