私文歴

自分が関心のある内容について書く不定期更新の雑記ブログです。

三脚「Tycka TK103」を買いました。

2019年10月5日 内容更新。

 今年の一月に買った三脚「Tycka TK103」の感想です。購入のきっかけは単純にいい加減三脚買わないとなぁと思ったのと、性能のわりにお買い得だったので、当初考えていたベルボンのSherpa 435 III等を蹴って、興味本位で購入してみました。

Who We Are

 TYCKA® was established in 2016 in Shenzhen, a creative city of China. Formerly the brand RANGERS®. It gathers a group of photography lovers, aiming to help customers capture stunning landscape with ease and obtain professional photos in even first shoot. Every product launch redefines photography operation and delivers higher cost performance. Our target is every customer can experience fun of photography more easily and quickly.

What We Do

 TYCKA® is top-level Amazon and eBay seller with storage covering each continent of the world. We provide best-quality products, thorough after-sale service system, and quickest customer service.

弊社について

 TYCKA®(以前はRANGERS®)は想像力に溢れている街、中国の深圳で2016年に創業されました。写真愛好家の皆様に支持され、お客様が簡単に風景写真を撮影し、初めてでも熟練者に匹敵する写真を撮れる様にする事を目指しています。全ての商品は写真撮影そのものを再定義し、より高い費用対効果を意識して販売されています。弊社は全てのお客様が写真撮影をもっと簡単に、そして気軽に楽しめる様にする事を目標としています。

販売について

 TYCKA®は全世界に販路を持つAmazonとeBayの有数の販売店です。 最高品質の製品、徹底した購入後の支援、最速の消費者対応を提供します。

 

Tycka公式サイト - About」より引用(翻訳:管理人)。

 上記の通り、この三脚を作ったTyckaと言う企業は、2016年に設立された中国企業です。日本向けには香港に置かれている「Tycka Japan」によって販売されています。

 TK103は中華三脚に多い一脚兼用型で、この手の三脚だと最近知名度が上がっているK&F ConceptやSIRUIが有名だと思います。このTyckaの三脚も見た目はK&F Conceptとかなり似ています。TyckaもK&F Conceptも深圳に本社があるので、元々同じ設計会社に委託して、OEMで販売しているのでしょうか?

f:id:Shanstate:20191005163356j:plain

f:id:Shanstate:20191005163336j:plain

 説明書兼保証書は日本語(及び英語)で書かれています。少し変な日本語なのはご愛嬌。保証期間については「7日間手間のかからない返品」「15日間交換」「6年間保証」と三つ記載されています。6年間保証は兎も角、「7日間手間のかからない返品」「15日間交換」の違いは何でしょうか…?英語でも同様の事が書いてあるので見てみましたが、意味としては初期不良があった場合は「到着後7日以内に返品」か「到着後15日以内に交換」と言う意味みたいです。

 只、一方でAmazonのTycka Japanの説明では初期不良については「返品交換の連絡は商品到着後30日間以内にお願いします。返品期間(商品到着後30日以内)であれば返品および交換を承ります。と書かれていますが、この保証書に書いてある事には何も触れられていません。どっちが正しいんでしょうか。私が商品を買ったのは一年半前なので規約が変わったのかもしれません。

 

 三脚はナット式で最大口径28mmとこの価格帯では破格な性能だと思います。きちんと取り付ければお辞儀してしまう事は無さそうです。重さは1.6kgです。同価格帯の物の中では重いですが、三脚は重い事も利点に繋がるので、ここは人によって評価が分かれるところだと思います。

f:id:Shanstate:20180430214536j:plain

  収納用の専用の袋も付いてきます。ただ私の使い方が悪いかもしれませんが、若干キツイかも…。使い込んで漸く少しは入りやすくなったかなって感じです。その他、雲台を保護する黒い小袋や雪でも刺せるスパイク(一脚をストックとして使う為らしい)もあります。

f:id:Shanstate:20180430214353j:plain

つけたたらこんな感じですね。

f:id:Shanstate:20180430185700j:plain

 倒れる心配は数か月一年以上使っていてありませんでした。カメラとレンズで約1kg以上ですね。ただキツめにカメラと固定しないとちょっとカメラを押すとゆっくりですが回転しちゃいますね。

photo-narrate.com TK103について検索していたら見つけたこちらのブログ記事によると、K-1でも問題無いみたいです。多分本体ならD5や1DX級、レンズなら重い超望遠じゃなかったら大丈夫だと思います。

 貸してもらったハスキー三脚しか使った事はありませんが、この値段の三脚の中では質には良い方だとと思います。長期で使えるかは分かりませんが、ネジ等の劣化が無ければ長い間使えるはずです。ただナットを回すにザラザラ引っかかる気がしますね。

 今回は私が買ったのはプロフェッショナル仕様でしたが、約七千円で買える軽量型でも良いと思います。最大口径は25mmに下がり、一部の機能が無くなりますが、実用上特に気にする事は無いと思うので、ミラーレスを使っている人や最大口径28mmに拘らない人ならお勧めかと。

 

YouTubeにも詳しいレビュー。参考になりました。


耐荷重12Kの頑丈なアルミ三脚 Tycka TK103-4段167cmの紹介

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス