私文歴

自分が関心のある内容について書く不定期更新の雑記ブログです。

Zenfone6は日本でいくらで売られるか?

www.digitimes.com

 昨年度末から高級機中心の戦略を取ったお陰でASUSスマートフォン部門は回復傾向にあるみたいです。日本でもHuaweiに押され気味だったので、私としてもこの報道は嬉しいです。

 Zenfone 6は既に本場の中華民国(台湾)と、ASUS 6Zと言う名前でインドでも販売が開始されており、日本でも認証が通った事から近い将来、販売が開始されると思います。今回のZenfone6は国際/インド版のA versionと台湾/香港版のB version、販売地域不明のC versionが販売されています。日本の帯域は台湾/香港版に含まれていて、毎年台湾/香港版と同じ仕様の物が販売されるので、日本ではB versionが販売されるはずです。

 

値段(令和元年六月二十一日現在)

中華民国/台湾(新台湾ドル)

  • RAM 6GB/ROM 128GB NT$17,990(約62,100円
  • 8G/256G NT$20,990(約72,500円

香港(香港ドル

  • 6G/128G HK$4,998(約68,600円
  • 8G/256G HK$5,798(約79,600円

インド(インドルピー)

  • 6G/64G ₹31,999(約49,200円)
  • 6G/128G ₹34,999(約53,800円)
  • 8G/256G ₹39,999(約61,500円)

 競争が激しいインドは異常に安いですね。日本での値段は他の地域と比べると比較的高めなので、本場より安く販売される事は無いと思います。香港と同じ位かな?

 Zenfoneの数字だけの機種は従来はミドルレンジのSoC(Snapdragon 600系列)を積んだ中級機でしたが、今回はSnapdragon 855を搭載した高級機なので、実質的にはZenfone 5Zの後継機になります。去年のZenfone 5Zは日本では6G/128Gの物が販売されたので、今回もこれと同じ仕様の物が販売されると思われます。値段の方も大体5Zの据え置きで実売価格七万円程度で販売されると予想します。

 今回から無印とPro/Zが統合したので、四、五万円台で買えるZenfoneが無いのが、若干気がかりです。 5Zを値下げする可能性がありますが、出来れば6G/64Gの物を販売して欲しいです。値段は高くて¥59,800位で。

 

参考文献

www.asus.com

www.asus.com

www.asus.com

www.asus.com

store.asus.com

www.flipkart.com

ASUS Store 香港

https://hk.store.asus.com/zenfone-6

 

ASUS、Zenfone、Zenfone6、スマートフォン、携帯電話、Android